バースカフェ賛同人

中島デコ
バースカフェ、応援します!!たくさんの女性が、幸せなお産を経験できますように!心から願っています。


中島デコ
料理研究家。16歳でマクロビオティックに出会い、25歳から本格的に学び始める。二度の結婚で2男3女の母となり、99年エバレット・ブラウンとともに千葉県いすみ市に移住。この土地との出会いが「ブラウンズフィールド」を生み出した。田園を望むライステラスカフェや慈慈の邸では料理教室やデトックスプログラムなどのイベントも開催。スタッフのお母さんとして、またご意見番としても皆から愛される存在。料理本やエッセイなど著書多数。

yoshimura

吉村 正
1932年生まれ。吉村医院元院長。医学博士。名古屋大学医学部卒業。1961年より吉村医院院長として49年にわたり2万例以上のお産に取り組む。「ごろごろ、ぱくぱく、びくびくしない」生活=「現代的な生活に頼らず、伝統的な日本の食事を食べ、不安を抱えず自然体でいる」生活について知ってもらうため、産院の裏庭に江戸時代のかやぶきの古民家「古屋」を移築し、そこで安産のために、妊婦に薪割りや板戸ふきなどの「古典的労働」をすすめている。1999年には日本伝統的な様式で「お産の家」を建築、暖かい明かりを灯した畳の部屋で、薬や医療機器など人工的な介入をせず、自然なままのお産を行っている。


nishura
「我が子、旦那、他人への愛が復活するバースカフェ。自分がなぜ産まれてきたのか、なぜこの子が自分の子供なのか?なぜこの人が自分の家族なのか?そんな疑問を紐解く素敵な場所です。バースカフェは、人生のターニングポイントです!」


西浦ふみえ
メンタル心理カウンセラー「カウンセリング想」代表。さまざまな相談を受けながら、自身も気づき、学び、多くの人が忘れている大切な心を伝え続けている。自身も2歳の子供を持ち、子育てにも奔走しながら、悩めるお母さんに、子育てに対する新しい気づきと、楽になる考え方を伝授している。
[カウンセリング想HP]http://sou.lolipop.jp/

yamashita
「いのちを紡ぐ人が愛の中で、生きていく それだけで、世界は愛へと変わる!
その大切さを確認できるバースカフェ♡たくさんの方に体感していただきたいです!」


山下かおり
2006年 坂本龍一さんと高木義之さんの対談を本で読み、環境の事などを勉強し始める。そんな活動の中、南ぬ風人まーちゃんバンドに出会う。2008年 ご縁があり、まーちゃんと結婚。長女を妊娠して7ヶ月の時に妊娠高血圧症を発症。そのまま、入院。入院中、ある日突然、帝王切開と診断されるが、入院している病院の手術室が一杯で転院。そこで、普通の分娩に挑むが…緊急手術となり長女を帝王切開で出産し自分も命が危ない状況となる。2年後、次女を授かる。今度は、普通に産みたい!との想いで必死に病院を探し、身体作りをし、無事、普通にお産をするが、病院での出産にいろいろ課題や学びを得る。そして、三人目を妊娠。次のお産は、家族みんなでいのちを迎えるため楽しみながら準備中。自然に生き、自然に育ち合うことを大切に生きている。

you_thum_2013
感動で心が震え、体の中で広がる温もりを感じることが人生で何回あるでしょうか。
バースカフェで繋がる時間は間違いなくその一日だと参加し体感しました!
世界中に広がって欲しいです!!


ロックバンドおかん YOU
ロックバンドおかんのギターリスト
口唇口蓋裂という先天性の障害をもち、在日コリアンというその体に流れる血筋。
生まれた時から「普通とは違う」が当たり前の現実として生まれたその命。
13歳でギターと出会い愛する仲間たちとバンドを始め、自身のハンディキャップを乗り越え結成当時からの夢「大阪城ホール1万人単独公演」を17年の時を経て成功させた。
『次の夢は海外へ・・・』
夢見ていた世界でのライブツアーを、大阪城ホール翌日から 中国、台湾、マカオ、香港の4カ国をまたぐアジアツアーを実施。
言葉や文化、あらゆる壁を取り除くライブで、みんなが肩を組み合って大合唱する未来を願って、ロックバンドおかんがアジアと日本を繋ぐきっかけでありたいと、次なる大きな1歩を踏み出した。
[おかんホームページ]http://www.rockband-okan.com/

ichikawa
バースカフェは、出産をテーマに、生まれ出るいのちの尊さについて、老若男女問わず身近な人と語り合う会です。これまでのバースカフェでは多くの参加者が自らの内にある「愛」に気づき、人類愛や社会平和へと向かって動き始めています。
いいお産の日は、祈りの大きな愛の和が天とつながり一つとなって、何かが生まれるのだと思います。
皆様との出会いに感謝。ありがとうございます。

市川きみえ
広島県福山市生まれ。大阪市立助産婦学院卒業後、6年間大阪市立母子センター勤務を経て、大阪府八尾市の正木産婦人科に18年間勤務。自然出産と母乳育児の推進に取り組んだこの間に、自然の摂理に感動しいのちの神秘を教えられる。
なかでも、いのち誕生の場でさまざまな不思議な偶然の一致(シンクロニシティ)を体験したことから、改めて立命館大学大学院に学び、「お産と霊性(スピリチュアリティ)」をテーマに研究を始め2010年に修了する。
2011年念願の北海道に移住。現在は名寄市立大学保健福祉学部看護学科勤務。主にシンクロニシティや出生前記憶を中心とした研究、講演活動を行っている。2014年10月、正木産婦人科の自然出産を助産師の視点でまとめた著書『いのちのむすび―愛を育む豊かな出産―』が発刊された。

kishimoto
大人になって初めて、自分が子どもの時…
親がどんなに未熟だったか。わからないことだらけで、手探りで育ててくれたかを知る。
産み育てるだけでなく、まずはこの世に産まれて来た自分が元気になれる場所。
バースカフェ応援いたします。

岸本玲子(助産師・看護師・整体師)
小・中・高校生の3児の母であり助産師。病院で働く中、1人目を出産後に体調を崩し、入退院を繰り返したことをきっかけに整体・ヨーガ・薬膳を学ぶ。2007年に「ココロとカラダを元気に」を軸に、自宅の1階に【岸本助産院】を開業。現在は、赤ちゃんの誕生を見守るとともに「マタニティ・産後・ベビー整体」「料理教室」「子連れヨガ教室」「講演会」などを開催。助産院でお産をする妊婦さんはもちろん、多くの人たちをお腹の中から元気にする【福腹〜ぷくぷくプロジェクト】を展開中。
[岸本助産院]http://kishimotojosanin.com/

1414547893_image
バースカフェが日本中に広まって、命の話をすることが当たり前の世の中になったら…それが映太や岡野真規代さん、はるママ、映太の奥さんのゆみこと2010年にバースカフェを始めた時の最初の思いでした。映太や皆さんのお陰で今世界中に広がりを見せていることに感謝しています。ありがとうございます。何が大切なのか、その答えはみんなの中に既にあると思います。それを共に感じ、思い出しましょう。呼んで下さい。

木村 里恵
青森市にある小さな仏寺の外孫として茨城県にて育つ。横浜市で小学校教員を務め、その後現NPO法人MAKE THE HEAVENのカンボジア担当になり、延べ40人の子どもたちを日本に呼ぶ。
インドを自転車で横断し、ブッタガヤで僧名を頂く。3人の子どもを自宅で自分たちだけで迎え入れている。現在長野県小川村で農家民宿「あたらしや」を営み、家族で竹炭を焼きながら、「私たちはどんな時も最高に輝いている」ということを伝えるために講演や執筆、筆文字でありがとうを伝える活動をしている。バースカフェ発起人の一人。
小冊子『はじめの一歩』『風太誕生』
メルマガ「木村里恵のただ感じたこと」00581435s@merumo.ne.jpに空メールで登録できます。

1413906004_photoバースカフェは、参加したみんなが、生まれてきたことに、生きてることに感謝ができるイベントなんだと思います。その証拠に、終わった時にみんながキラキラ輝いていることに感動します。映太君・スタッフの皆さん・主催してくださる皆さん・参加してくださる皆さん、ありがとうございます。

岡野眞規代(助産師)
フジテレビ「エチカの鏡」・ドキュメンタリー映画『玄牝 一げんぴん一』・『107+1~天国はつくるもの~』Part2に登場する吉村医院の元婦長。
大阪生まれの大阪育ち。1975年大阪市立助産婦学院を卒業し、助産婦になる。
公立病院に14年間勤務し、その後、民間病院の婦長になる。1993年東京にて助産婦教育に携わる。その時吉村先生の講演を聴き、「お産を文化的な命の営みとしてとらえる哲学と信念」に衝撃を受け、吉村医院の「お産の家」開院と同時に婦長として勤務。 自然なお産に立ち会い、これまでお産を科学的現象としてだけとらえていたことに気付く。2004年から拠点を北海道に移し、助産師教育に携わるかたわら、現在、当たり前ではなくなってしまった「自然なお産」が人の人生全体にわたって大きな意味を持ち、「人が本来持つ力の凄さと、内側に宿る神々しさ」をお産の中に取り戻すことがいかに大事か、吉村先生の理念や、お産によって多くの人の人生が変わることを、全国各地で講演を行い伝えている。将来は「お産の家」を建設予定。

お腹の中の赤ちゃんとお母さんをヒプノセラピーでお話しさせることで、赤ちゃんの底知れぬ神秘を垣間見させてもらっています。出産の素晴らしさ、赤ちゃんの神秘を沢山の人と分かち合えるバースカフェに賛同します!

奥野 潤子
◇ヒプノ赤ちゃんプラクティショナー (日本ヒプノ赤ちゃん協会認定)
◇ヒプノ未妊セラピープラクティショナー (日本ヒプノ赤ちゃん協会認定)
◇ヒプノセラピスト (日本ヒプノマネージメント協会認定セラピスト)
◇フーレセラピスト (フーレセラピスト協会認定セラピスト)
◇スピリチュアルヒーラー (エンジェルヒプノセラピー研究所)
◇レイキティーチャー (Honesty therapy room認定)
◇ベビーケアセラピスト (セラピストアカデミー ナチュラル認定)
◇マタニティケアアドバイザー (セラピストアカデミー ナチュラル認定)
[ウェブサイト]http://urx.nu/dhaX

誰もが感動してしまうバースカフェを「お母さんから産まれたすべての人」に体験していただきたいと思います。「お母さんと赤ちゃんの力」「生まれるという神秘」に改めて触れるとき、自分のことがとても大切に思えてくる、そして、周りの人たちの命も愛おしくなってしまいます。
そんなバースカフェが全国に、そして、世界に広がっていくことを応援しています。

伊藤久美子(ナチュラルセラピースクールラ・ミューズ主宰)
2人の母。次世代の子どもを育てるお母さん向けメソッド「可能性開花ママピスト(R)」創始者。
「大らかな母性」の目覚めを軸に、子どもの持って生まれた可能性が開かれてゆくための家庭で出来るナチュラルセラピーメソッドを作り上げる。 これまでに「インナーチャイルド」をテーマにヒプノセラピーや胎内退行・幼児退行催眠療法などを通して「生まれてきた目的」を多くの人に導い てきた。アロマインストラクター・全米催眠療法協会認定ヒプノセラピスト、マクロビオティックインストラクターなど、様々な役割を活かして、 母親学級、PTA、小中高校、企業に「インナーチャイルド(子ども心)は無限の可能性を持つ」「内なる美徳を呼び起こすワークショップ」など の講演ワークを数多く実践している。
[ウェブサイト]http://www.lamuse-k.com/