障害と向き合う母の苦労と愛に涙、涙

chitose

【バースカフェ千歳 もホントにやばかった! ~障害と向き合う母の苦労と愛に涙、涙~ 】

遅ればせながらも、先日1月31日に開催されたバースカフェ千歳の報告です!

当日の朝、関西空港で

「千歳が悪天候のため、引き返す可能性があることをご了承の上、搭乗手続きを行ってください」

と書いた張り紙を見つつ、アシスタントの絵美と

「おーーー!! 今日は導かれてるね~ 何かおこるね!! 前回の飛行機も札幌が大雪だから大丈夫かな?ってメールきたけど、千歳はめっちゃ晴れだったからね!」

そんな会話をして、飛行機に乗りました。 予想どおり、千歳はびっくりするほど雪もなく、会場のカフェにつきました。

すると~ とたんに横殴りの吹雪で大雪に!!! わおっ!!

「守られた・・・・・」

さあ、バースカフェ千歳が慌ただしくスタートしましたが、またも様々な導きが連発。

今回のナビゲーターは僕と主催のゆきえさん。

ゆきえさんは 「必然」 とか嫌い!

赤ちゃんの胎内記憶とか、生まれる前とかちょっとスピリチュアル系な話し、うさんくさい!

気持ちわるい!!!

そんなことを言うタイプの人。笑

そんなゆきえさんが、信じたくないけど、信じざるを得ない、不思議すぎることやシンクロ体験を、出産と共にしていったことと、

前回の札幌の会の最後の記念撮影の時に、隣にいた赤ちゃんが、自分の娘と全く同じ誕生年月日で、しかも、いろんなことが同じことばかりだったという有り得ない導きが起きて、それで今回の開催に至りました!!

面白いですよね~

必然的に(笑)今回のテーマにもなった1つが、出産の体験で多くある「母親との関係修復」という赤ちゃんからの導き。

誰しもが、1度や2度はお母さんとうまくいってない時期ってありますよね。

それは、根本的にお母さんのことが一番大好きで一番認めてもらいたい存在だからだと僕は思います。

今回のバースカフェでは、

「自分とお母さん」  「お母さんになった自分」

というのがすごくテーマになったんですが、ゆきえさんの体験としては

なんと、赤ちゃんが生まれてくれた日が、母親と同じ誕生日で、しかも干支まで一緒。

さらに!! 赤ちゃんの体重が自分自身が生まれた時の体重と全く同じの3340グラム!!

しかーーーも!! 体重計に乗る前に 「ブリブリ~っ」 ってウンチをして最終微調整でジャスト!!

昨日でも、明日でもグラムはきっと変わっていた。

ちょっと距離が空いていた母親と同じ誕生日を狙って生まれてきてくれ、

そして  「これで全てがパーフェクトだよ~」

と言わんばかりのOKサインのような体重の一致。

実際に、前よりもっと関係もよくなり、さらに、赤ちゃんが自分以上におばあちゃんになついてくれるみたいです。

素敵ですね~

そんな素敵なお話しを聞いた後に、たまたま当日、お声がけさせてもらったAさんの出産体験談に。

_____________

Aさんは、中学生の多感で反抗期な時期に母親が嫌いになり

「こんな母親にはなりたくない!!」

「自分は愛されてない」

「自分で生きていけるように、力をつけよう!」

そんな思いで、恋愛や将来のことも、親には一切相談することもなく大きくなっていく。

バリバリ仕事をやって、キャリアを積んで、そうやって歩んできた中での妊娠、出産。

ちょうど、出産の時期に頑張っていた仕事が盛り上がってきて、出産のギリギリまで仕事、仕事。

出産後も赤ちゃんが寝たらパソコンに向かい・・・ みたいな状態。

でも、そんな自分にいつもどこかで罪悪感を感じ、自分を責めていた。

専業主婦でうるさかった母親みたいにはならず、バリバリ仕事ができて、強い母親になりたかった。

でも、気づけば、子どもを大切にできていない自分。

時間があれば、仕事ばかりしている自分。

料理をつくるのも嫌になり、外食ばかりで、それに付き合わせてしまっている自分。

どんどん、自分の母親がちゃんと家にいてくれたことや、毎日3食作って食べさせてくれていたことを思い出してきて

『それって本当に大変だし、すごいことだったんだ!!!』

と気づいていく。

そんなある日。 孫を見てくれながら、

「もっと触れてあげたり、こうしてマッサージしてあげるといいのよ~」

と脚をもんであげて、子どももすごく気持ちよさそうな、その姿を見て、ハッと記憶の底から

《 自分もこうしてマッサージしてもらってたことがある 》

と、その時の感覚が蘇ってきて、

『自分もこうして、ちゃんと愛されてたんだーーーー!!!』

って、強く感じるようになり

「嫌い!!」  と思っていた母親が

「尊敬すべき存在」 に変化していったんです。

そこから母親との関係がどんどん良くなり、この体験をきっかけに

なんと!!  なんと!!

今は、ベビーマッサージの資格もとって、プロとして活動しているんですよーーー☆彡

____________

なんて、素敵なエピソードなんでしょう。 そして、すべては、赤ちゃんが生まれてきてくれたお陰。

全く予測もイメージもしていなかった、絶縁状態の母親が、こんなにも大きな存在となり、自分の「今」に、大きな影響を与えてくれるものになるなんて。

最高すぎますね。 赤ちゃんからのプレゼント。

すると、もう1人の参加者さんの心も開いた!!

「私も同じような体験をしています!! 今、妊婦なんですが、学生時代から母親とはケンカばかりで、家出寸前くらいの仲の悪さだったのが、

妊娠をして、つわりがひどかったり、体調を崩した時に母が看病をしてくれ、仕事やすべての用事をキャンセルして、自分のために尽くしてくれて180度 意識が変わりました! 今ではすごく感謝していて、一番のサポーターになってくれていて、本当にびっくりです!」

と。

お母さんも本当はもっと愛してあげたくて、でも未熟だった自分は、その時うまくできなくなって、いつもタイミングを逃して、素直になれなくて、強がって、親ぶって。。。

ずっと、こうなれるのを求めていたんでしょうね。 そんなタイミングときっかけを赤ちゃんが持ってきてくれた。。。。

胎内記憶を話してくれる子が教えてくれたこと

*************

⚫️すべての赤ちゃんが お母さんを幸せにしたい! 喜ばせたいと思ってやってくる!

⚫️すべての赤ちゃんが 何か素敵なプレゼントを1つ選んで持ってやってくる!

⚫️勇気のある魂の子は 病気や障害というプレゼントを自ら選んでやってくる!

*************

長くなりますが、この後、さらに次々と赤ちゃんからのプレゼントが、窓の外の雪のように、このバースカフェの中に降り注ぎました♪

苫小牧から参加してくれた さおりさんは僕の義弟(嫁さんの弟)の奥さん。

連れてきた生後6ヶ月の直成くんは、口唇裂というハンディーを持って生まれてきました。

さおりさんのシェアから、気づきと幸せの連鎖が起こっていった。。。

「最初はずっと、周りからも 《 今の医療だと、かなり綺麗になるから大丈夫 》 と言ってもらい、自分もそれを信じ、本人が望むならいくらでもできることをしてあげよう!

って、とにかく顔のこと、見た目のことばかりに意識がいってたんですが、少し前に口唇口蓋裂の子どもを持つママさんと出会って、いっぱいお話しさせてもらった時に

《 いくら綺麗になっても、やっぱり違いは出るし、わからなくなることは無い。 もちろん、いじめられたり、「おまえの鼻へんだ~」 って言われることもあった。

でもね、強気で 「おまえの顔もへんだべやーー」 って、負けじと言い返すし、そのことで全然屈しないようになったよ。 もう綺麗にする手術は別にいいわーー。 俺、これで良いから!!って本人が言ったので、手術もしてないよ。 だから、大切なことは外見よりも、中身だから!! 強く優しい心を育ててあげることの方がもっと大事だよ 》

そう言ってもらって、本当にそうだな~ って今、本を借りて、その勉強中です。 やっと生まれてきてくれた命だから、障害があろうが 元気に生まれて来てくれただけで本当にありがたいんです。

そして、ホントに私やこの病気も勇気をもって選んで生まれてきてくれたなら、尚更です。

病気で亡くなるお母さんや、自分の子も抱けないお母さんもいる。。。私は苦しい時にちゃんと話を聞いてあげれて、しっかり寄り添えて、心を強く育ててあげれる親になりたいです! 」

そう、伝えくれました!  すると他のお母さんが

「うちの甥っ子は、おでこに大きなハゲが小さい時からあるんだけど、愛情たっぷりに親が育てたら、 そのハゲをさわりながら 「俺ってちょっと違ってて、かっこよくない!!」って自信満々に言うんですよ!」

と、素敵な話しをしてくれた。

隣のお母さんは

「うちは4人 男の子がいますが、みんなアレルギーや、アトピー、喘息など、病気を持って生まれて来てくれて、大変でしたし、一番下が一番ひどくて、でも、そのお陰でいろんな価値観や健康や食に関することをいっぱい学べて、今、そういう活動を生きがいをもってやっています。

給食で食べるものが違ったりするので、いじめられたりするかな~って、心配もあったけど、逆に好かれていたり、いいな~って羨ましがられたり、本人が強く生きています!

いつも私は、アレルギーや病気を持って生まれてきたことは、背が高かったり、低かったり、足が早かったり、遅かったりと同じ個性だから!! あなたはあなたで素晴らしいのよ!!

もし、馬鹿にされたり、何か言われたら、そうやって説明したらいいんだから。 それでも、言われることがあったら、その時はお母さんが出て行くから呼びなさい! しっかり説明してあげるから!!

そう伝えて育ててきました。 今では、病気を持って生まれてきてくれたことに感謝しています。」

と。

もう母親たちの子どもを想う愛のエネルギーにホントに涙が溢れてきました。

そして、最後に、さらに素敵すぎることが!!

参加者のAさんが、「実は・・・」 と口を切ってくれました。

______________

私の旦那の母親が弱視で、目がかなり悪くて、でも、すごく明るくて、素敵なお母さんなんで尊敬していたんですが、最近、そのお母さんを恨み、責めてしまっている自分がいて、すごく苦しかったんです。

それは、旦那のお兄さんが遺伝で同じように弱視となり、大きくなるに連れて、どんどん目が悪くなり、ものごとや人間関係もうまくいかなくなって、仕事もできず、引きこもり、最終的に遺伝ということで母親を恨み、実は、結婚して数年立ちますが未だに一度も私は会ったことがないんです。

そして、子どもが生まれ、女の子だったらお母さんみたいに明るく生きてくれるかなーってイメージもできてたんでしょうが、

男の子なので、もしお兄さんみたいになったらどうしよう?? っって思い立ってしまって。。。

そしたら、怖くなり、そのことが頭から離れなくて、だんだんお母さんの目を見るのも怖くなって、辛くて、そして「そうなったらどうしてくれるんだ!!」と、恨みはじめてしまう自分がいて、

さらに、似ている旦那の目まで見れなくなるほど、今、すごく苦しんでたんです。

でも、今日、ここに来て すべてが晴れました!!!!

弱視という病気を選んで生まれてきてくれたお義母さんも

そのお義母さんを選んで生まれてきた 私の旦那も

すごく勇気のある魂なんだ!!

障害や病気を選んで、まわりに愛や気づきを与えてくれる強い魂。

何も卑下することもないし、むしろ すごい誇りに思えました!!

そして、そんな私たちを選んで生まれてきてくれた この子も勇気のある魂。

もし、弱視になるようなことがあっても、皆さんが言ってくれたように、いっぱい愛情を注いであげて、強い心を育てれる母親に私もなります!!

ついさっきまで、そのことで恨んで、自分も責めて、苦しかったのに、今、本当にスッキリしていて、ビックリするほど幸せです!!

今日、これから、お義母さんと旦那とみんなで食事する予定なので、全く違う気持ちで行けます!! 本当にありがとうございます!! 』

っもう、感動して涙ものでした。 ほんっと ほんっとーーーに すごいっ!!

出産とシンクロを研究している助産師の市川さんも 興奮して!!

「私のお義母さんも盲目なのよ!! 17年間、同居して連れ添ったわよーー! 大丈夫!!」

そんな、シンクロ連発のエールや気づきがあって、またもや感動と涙と、母の愛に包まれたバースカフェ千歳となりました!!!

僕は その時 唇の傷ももろともしない 生きる輝きに満ちた 直成と目があって

「やるな~ ちかなり~!! 導いてくれるねーーー!!」

って思わずいっちゃいました。 すごく、すごくそんな気がしました。

赤ちゃんの導きは本当に凄すぎます!! 愛の塊です!!

あーーーー みんな愛しい!!

そして、そして、最後に これまた 有り得ないシンクロのプレゼントーーー!!

素敵な導きをしてくれた ちかなり君も 主催のゆきえさんと、その娘と全く同じ!!

そう!!

3340グラム で 生まれてきてましたーーー!!!

なんか、もうわけわからんくらいのシンクロに鳥肌もんです!!

あーーー ありがたい!!

バースカフェが終了した途端に、さっきまでの吹雪が嘘のようにピタッとやんで、綺麗な広がる雪景色。

あーーー ありがたい!!

すべての命と、この導きに感謝!! 感謝!! 感謝!!

みんなーーー

生まれてきてくれて 心から 心から

ありがとーーーーーー!!!!

ご協力頂きました R flowさんもありがとうございましたーーー!!

4月まで続々とバースカフェが決まっていってます!!

皆さんの町でもぜひ!! 命の輝きを分かち合いましょう!!

*************